スポンサーリンク

物件探しの参考にしたい、あると便利な設備

引っ越しに伴って物件を探す際にはさまざまな要素を考慮に入れる必要があります。家賃や通勤・通学のアクセス、周辺の環境なども重要ですが、物件の設備も重要な要素となります。

「なくても何とかなるけど、あるとより快適に生活できる」、そんな設備を挙げてみました。物件探しの際に参考にしてみてください。

スポンサーリンク
01 レクタングル (大)

バス・トイレ別

快適な生活には必須と言える条件がバス・トイレ別です。

バス(お風呂)とトイレが一体型のものをユニットタイプと呼びますが、これだと湯船につかりにくいのはもちろん、お風呂に入った際にトイレの床まで濡れてしまい、とても快適とは言えません。
床が乾く前にトイレに入り足が濡れてしまうとちょっとがっかりします。毎日の生活を考えるとちょっとしたストレスです。

また、バス・トイレが別になっていると体を洗いやすいというのも大きなポイントです。ユニットタイプではバスタブの中で体を洗わないといけませんので、非常に窮屈に感じます。

さらに、ユニットタイプだと単純に落ち着きません。バスタブに浸かったときにトイレが視界に入るとなんとなくリラックスできませんし、顔の高さにトイレがあるのは衛生的にもマイナスです。
家ではゆっくりとバスタイムを満喫したいという人にとっては、バス・トイレ別は必須条件です。

宅配ボックス

宅配ボックスとは、留守中でも宅配物を受け取ることができるようマンションの玄関などに設置されているもので、見た目はコインロッカーのような設備です。

最近では、一定規模以上の比較的新しいオートロック付きのマンションで導入されていることが多い印象です。

ネットショッピングをする機会も増えてきており、不在時でも荷物が受け取れるというのは忙しい社会人にとって非常に便利です。

オートロック

防犯を重視するなら、オートロック付きの物件であることは必須条件です。女性の一人暮らしではぜひ考慮に入れたい条件です。

なお、実際には防犯の観点よりも不必要な営業や勧誘などへの対応でその便利さを実感します。オートロックがついていると住人以外の外部の人間はマンションの玄関までしか入ってこれません。勧誘の人たちの中にはいつまでも立ち去らない人がいますが、そんな時にもオートロック付きマンションだと自分の部屋の場所までは分かりませんので、気兼ねなく外出することができます。

室内洗濯機置き場

洗濯機を設置するには、水栓や排水管、洗濯機パンなどの設備が必要ですので好きな場所に設置できるわけではなく、置ける場所が決まっています。

これらが屋内に設けられている物件のことを「室内洗濯機置き場あり」の物件といいます。

ある程度設備の整ったマンションでは当たり前の設備ですが、築年数の古いマンションなどでときどきこの条件がない、つまり洗濯機を屋外に置くことになる物件を見かけます。屋外の場合、だいたいがベランダか玄関の外です。

屋外に置くと、洗濯機を雨風にさらすことになりますので、劣化が早くなり故障も起きやすくなります。また、早朝や夜は周りの住人に迷惑となるため、洗濯する時間を選ばなければならなくなります。

浴室乾燥機

浴室乾燥機とは洗濯物を乾かすためにお風呂についている設備です。通常は温風の吹き出し口が天井に付いています。

浴室乾燥機があると、天候に左右されず洗濯物を乾燥させることができます。

外の天気が雨であろうと雪が降っていようと、日中でも夜でも、いつでも同じ仕上がりで乾燥させることができます。梅雨の季節は特に重宝します。

スポンサーリンク
01 レクタングル (大)
01 レクタングル (大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする