スポンサーリンク

ふるさと納税で沖縄旅行!返礼品の宿泊券やホテル情報

ふるさと納税は、お礼として寄附した先の自治体からお肉やお米などの特産品が送られてくるイメージが強いですが、ホテルの宿泊券を返礼品としているところもあります。
抜群の人気を誇る旅行先「沖縄」の旅行に使える宿泊券を返礼品にしている自治体をまとめました。

スポンサーリンク
01 レクタングル (大)

ふるさと納税で沖縄旅行に行ける自治体

沖縄の離島の青い海と青空

沖縄県 国頭村(くにがみそん)

国頭村は豊かな自然を生かした村づくりが特徴の村で、村の面積の80%以上を森林が占めています。ヤンバルクイナなどの天然記念物が生息することで有名です。
また、ここ数年は、石灰岩層の岩山が連なる「大石林山」がパワースポットとしても注目を集めています。

国頭村では、返礼品で民泊(ホームステイ)ができます。寄附後にチケットが送られてきますので、そのあと自分で予約します。

寄附額 内容
20,000円 1泊1名、素泊まり
30,000円 1泊1名、朝食付き
40,000円 1泊1名、夕食・朝食付き

詳細は国頭村のホームページに記載されています。
国頭村ふるさと納税特設サイト

沖縄県 今帰仁村(なきじんそん)

今帰仁村は、古宇利島(こうりじま)があることで有名です。
古宇利島はエメラルドブルーの美しい海に囲まれた絶景が魅力で、沖縄の観光スポットの中でもとても人気があります。もとは離島でしたが、2005年に古宇利大橋が架けられたことで車で行ける離島になりました。

今帰仁村にふるさと納税の寄附をすることで、古宇利島に泊まれる宿泊券がもらえます。
こちらは、まず寄附前にホテルへ仮予約を入れ、そのあとに寄附をする形です(予約後1週間以内に寄附をしないと自動的にキャンセルとなります)。

寄附額 内容
100,000円 古宇利島に宿泊 オフシーズン限定ペア宿泊券、1泊朝食付(ルームタイプ:一棟貸し)

ホテルの詳細はこちら→古宇利島に宿泊 オフシーズン限定ペア宿泊券(1泊朝食付)

沖縄県 恩納村(おんなそん)

恩納村は、沖縄県のほぼ中心部、西海岸側に位置しており、コバルトブルーの海が広がる万座ビーチや絶景の夕日が見られる万座毛などの観光スポットが人気です。

恩納村の返礼品はとても多くの種類の宿泊券があり、寄附額に応じて宿泊先を選ぶことができます。

寄附額 内容
50,000円 ペンションほろほろ 洋室シングルルーム 1名宿泊券 1泊(朝食、夕食付)
70,000円 モントレ沖縄 スタンダードルーム ペア宿泊券 1泊(2名1泊、朝食付)
80,000円 オーシャンビュー!貸切コテージ〈コテージ・シーサイド〉宿泊券
90,000円 かりゆしビーチリゾート オーシャンタワー ペア宿泊券 1泊(2名1泊、朝食、夕食付)
100,000円 シェラトン沖縄サンマリーナリゾート ペア1泊朝食付(デラックスルーム、2名1泊)
130,000円 ラ・カーサ・パナシア・オキナワ・リゾート ペア宿泊券(2名1泊、朝食付)
200,000円 オーベルジュ皿の上の自然「月と太陽の丘」ペア1泊(プライベートルーム、2名1泊、夕食付)

上記はほんの一例です。これ以外にも、100万円を超える寄附を行うことで豪華なスイートルームに泊まれるプランや、大人数で利用できるプランなどがありますので、限度額に応じて検討してみてください。
詳細はこちら→恩納村ふるさとづくり応援寄付金

沖縄県 宜野湾市(ぎのわんし)

宜野湾市は、美しいトロピカルビーチも人気ですが、最近ではアメリカンな家具店が建ち並ぶ「家具屋通り」や、おしゃれなカフェも人気です。

宜野湾市についても、ふるさと納税の返礼品としてホテルの宿泊券が用意されています。

寄附額 内容
30,000円 ホテルノア宿泊券ペアチケット(大人2名)
82,500円 ラグナガーデンホテル モデレートツイン ペア宿泊券(朝食付)
107,500円 ムーンオーシャン宜野湾ホテル&レジデンス デラックスツイン(2名1泊、朝食付、10月~6月のみで年末年始とGWは不可)

これ以外にも寄附額によって異なるプランがあります。
詳細はこちら→宜野湾市ふるさと応援寄附(ふるさと納税)のご案内

まとめ

沖縄の海と白い雲

ふるさと納税の返礼品でホテルに泊まれる宿泊券を用意している自治体はたくさんあります。

沖縄は常に人気の旅行先ですので、航空券などを含めると料金が高くなってしまうことがあります。そんなとき、ふるさと納税を上手に利用して、お得に旅行を楽しみましょう。

スポンサーリンク
01 レクタングル (大)
01 レクタングル (大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする