スポンサーリンク

メゾネットの部屋に住むメリット・デメリット

物件を探していると、ときどき目にする「メゾネット」。住まいにこだわりを持っている人には人気があり、おしゃれな物件が多いことも特徴です。

スポンサーリンク
01 レクタングル (大)

「メゾネット」とはどんな部屋?

メゾネットとは、住戸内が2階層(またはそれ以上)に分かれているものを言います。イメージとしては「部屋の中に内階段のあるマンションやアパート」のことで、部屋の中に2階建ての一戸建て構造が入っているような部屋のことです。

ロフトと似ていますが、あくまでロフトは居室ではなく収納という位置づけです。そのため、ロフト自体の天井は低いことが多く、寝るスペースとしては使えますが、普通に生活するには少し不便です。
それに対し、メゾネットは居室として使用することが前提となっています。

人気はあるが物件数が少ない

物件の数としては多くありませんし、特殊な構造であるがゆえ住みたいと思う人が一定数いるため、賃貸か分譲かにかかわらずお部屋探しのタイミングで希望の条件の部屋に巡り合うことは簡単ではありません。

しかし、普通のマンションとは異なり、その独特の空間に魅力があります。

メゾネットのメリット

開放的な空間

メゾネットタイプのメリットとして、2階建てに相当する空間が一つの部屋の中にあるため、広くて開放感のある空間が確保できることが挙げられます。

天井が高いため窓を上下に広くとることもでき、日当たりや採光の点で優れ、風の通りもよく、とても開放的な空間になります。

一戸建てに住んでいるみたい

空間が上下の階層に分かれているため、一戸建てのように空間を使うことができ、フラットタイプの部屋とは明らかに異なる感覚で住むことができます。

マンションの居住性と一戸建ての住み心地を同時に手に入れることができ、少しリッチな気分を味わえるとも言えます。

おしゃれな物件が多い

メゾネットはかなり特殊な構造ですので、部屋探しの過程でなんとなくメゾネットに決める人は少なく、どちらかというと初めからメゾネットに住みたいと思って探している人が多いのが特徴です。

そのため、住環境やマンションの構造、さらにはインテリアにこだわりを持っている人が多く、このようなニーズを満たすためにおしゃれな物件になっていることが多いです。
いわゆるデザイナーズ物件として位置づけられているものも多いです。

部屋の中に区切りができる

たとえば、下の階がリビングで上の階を寝室とした場合、開放感を損なうことなく生活スペースを分離させることができます。

複数人で住む場合にはプライバシーを保つこともできます。

メゾネットのデメリット

冷暖房の効率が悪い

メゾネットタイプのマンションの場合、リビングダイニングと階段のスペースがひと続きになっていることも多いですが、このような構造だと冷暖房の効率が悪くなってしまいます。

当然ですが、温かい空気は上に行き、冷たい空気は下にたまります。

そのため、夏場では上の階でのクーラーの効きが悪くなることで通常よりも電気代がかさみますし、冬場に1階で生活していると足元が寒くなかなか思うように部屋全体が温かくなりません。

家事をするには向いていない

効率的に家事を行うという観点では、メゾネットタイプの部屋はデメリットとなります。

2フロアを行き来することになるため階段を使いますし、荷物を抱えて上り下りするのは面倒であるだけでなく、危険もあります。

特に、掃除機を持って上下の部屋を移動しながら掃除をするのはたいへんですし、階段そのものも掃除が面倒な箇所です。

また、洗濯物を抱えて階段を上り下りすることも危険で効率が悪く、少しでも楽して家事をしたいという人には向いていません。

階段が邪魔

意外と階段が設置されているスペースが邪魔になります。

通常のフラットタイプの部屋であればもちろん室内に階段はありません。

このスペースが余分なデッドスペースとなりますので使える面積が少なくなってしまいます。
階段下のスペースを有効に使えるような空間になっているかどうか、よく検討することが大切です。

カーテンの問題

メゾネットへの入居を決めた後に気づいても遅い、カーテンの問題です。

窓が通常のフラットタイプの部屋と同じ構造であれば問題にはなりませんが、上下につながっていたり、吹き抜けの空間の高いところにカーテンレールがある場合、市販のカーテンでぴったり合うものはまずありません。

したがって、カーテンメーカーにオーダーして購入することになりますが、カーテンをオーダーすると非常に高額になります。
気に入った柄や遮光度合い、形態安定加工などにこだわっていると、値段はどんどん跳ね上がります。

スポンサーリンク
01 レクタングル (大)
01 レクタングル (大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする