スポンサーリンク

【フリーランス】クレジットカードは事業用とプライベート用を分けるべき

フリーランスとして仕事をする場合、収入・支出の管理を自分で行う必要があります。事業を行っていくと様々な経費がかかるため、普段プライベート用として使っているカードとは分けて、事業用のクレジットカードを持っておくと便利です。

スポンサーリンク
01 レクタングル (大)

フリーランスの経費

パソコンで仕事をする人

フリーランスとして働く場合、どのような事業を行うかにもよりますが、一般的に以下のような経費が発生します。

  • 事務所の家賃、水道光熱費の支払い
  • コワーキングスペースの利用料
  • 交通費、出張旅費
  • インターネット回線や電話などの通信費
  • 広告宣伝費
  • 各種WEBサービスの使用料、会費
  • 事務用の備品や消耗品の購入費
  • 接待交際費
  • 専門書の購入や雑誌の購読のための図書費

いずれも事業のために直接必要になるものに限られますので、私用(プライベート)で使ったお金とは明確に分けておく必要があります。

事業用にクレジットカードを分けるメリット

複数のクレジットカード

事業用クレジットカードとは、フリーランスや会社経営者が所有するカードで、基本的には経費の決済を目的とするクレジットカードです。

プライベート用のクレジットカードと分けて、事業用クレジットカードを持つことのメリットをいくつか見ていきます。

(1)公私の区別が明確になる

プライベート用のクレジットカードとは別に事業用のクレジットカードを持つことの最大のメリットは、経費の管理がしやすくなることです。

クレジットカードは毎月、利用明細が発行されます。最近はWEB上で明細を見れたり、データをダウンロードできるところもあります。

事業用のクレジットカードがあれば、どの支払いが経費なのか迷うことがなくなり、会計処理が容易になります。

プライベート用と一緒にしてしまうと、会計処理のたびに「どの支払いが事業用で、どの支払いがプライベート用のものなのか」を振り分ける作業が必要になってしまいます。

経理作業はただでさえ面倒で手間がかかりますので、できる限り管理を楽にしましょう。

(2)支払いを遅らせることができる

クレジットカードで経費を支払うことにより、現金で支払う場合よりも実際のキャッシュ・アウトの時期を遅らせることができます。

「いつ払っても同じではないか?」と思われるかもしれませんが、これが意外と重要です。

例えば、なにか物を仕入れて売る、という商売を考えたときに、まず物を仕入れなければなりませんが、それが売れてお金が入ってくるのは当然仕入れたときよりもあとになります。
つまり、クレジットカードを使わない場合、まだ売っていない段階でも仕入れのためのお金を手元に用意しておかなければならないことになります。

クレジットカードで支払うようにすれば、実際の物の仕入れから数ヶ月後にカードの引き落とし日が来るため、資金繰りを楽にすることができます。
資金繰りの悪化は倒産の原因にもなるため、非常に重要です。

(3)ポイントがたまる

一般的に、クレジットカードで支払いを行うと、利用額に応じてポイントがたまります。

事業に必要となる経費はときに多額になることがあり、その利用額に対してポイントを獲得することができれば、多少の経費削減につながります。

なお、事業用のクレジットカードにはポイントが付かないものがありますので、契約の際には、規約をよく確認しましょう。

(4)支払い漏れや管理コストを削減できる

事業に伴う経費には、後日まとめて支払うケースがあります。
例えば、1ヶ月分の利用状況に応じてその代金を翌月末日までに振込む、といったケースです。

このような場合では、毎月の支払いを管理しなければならないため管理コストがかかるだけでなく、支払い漏れが生じるリスクがあります。

支払方法をクレジットカードにしておけば、利用明細に金額が記載されるうえ口座から引き落とされる日も決められていますので、支払い漏れを防ぐことができます。支払い漏れは信用にかかわりますので、おろそかにしてはいけません。

(5)事業用の特典がある

事業用クレジットカードには、一般のカードと異なる特典を設けているものがあります。

一例を挙げると、会計ソフトと連携させて経理処理を楽にする機能や、税理士や社会保険労務士など専門家への無料相談、事務用消耗品の割引購入、サービスの割安利用特典などです。
そのほかにも、海外で空港ラウンジが使用できたりと、ビジネスを快適にしてくれる特典を設けているカードもあります。

特典内容はクレジットカードによってさまざまですので、業務の内容に応じて最もお得なカードを選びましょう。

フリーランスになる「前」に準備すべき

働くビジネスマンのシルエット

フリーランスという働き方は少しずつメジャーになりつつありますが、それでも会社員に比べると社会的信用がないと見られてしまいます。

クレジットカードを新規に契約するには「与信審査」をクリアする必要がありますが、フリーランスの場合、この審査のハードルが高くなってしまうことがあります。つまり、カードを持ちたくても持てない、ということが起こりえます。
そのため、会社員からフリーランスに転身する場合には、社会的信用があるとされる会社員のうちに事業用クレジットカードをつくっておくほうがよいでしょう。

まとめ

経理処理は、特に簿記や会計、税金の知識がない人にとっては難しく感じることが多く、時間をとられる作業です。

本業のために少しでも多くの時間を使えるよう、経理処理はなるべく楽をしたいものです。
この点で、プライベート用とは分けて事業用クレジットカードを持つことは大きなメリットになります。

スポンサーリンク
01 レクタングル (大)
01 レクタングル (大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする