スポンサーリンク

キュープラザ池袋のテナント一覧【注目はグランドシネマサンシャイン】

2019年7月19日(金)の「キュープラザ池袋」の開業によって、池袋に新たなランドマークが誕生することになりました。

スポンサーリンク
01 レクタングル (大)

キュープラザ池袋の概要

キュープラザ池袋は、東急不動産(株)が手掛ける商業施設です。

「キュープラザ」ブランドは池袋のほかにすでに4施設があり、池袋は「キュープラザ二子玉川」に続く5番目の施設となります。

池袋エリアは近年、再開発が進み、大規模なビルや施設が次々とできていますが、キュープラザ池袋はその中でも新たなランドマークとなる注目の施設です。

施設の運営は、東急不動産SCマネジメント(株)が手掛けます。

キュープラザ池袋のテナント一覧

シネマコンプレックス

キュープラザ池袋のテナントは以下の16店舗です。

  • 14階 池袋バッティングセンター
  • 13階~4階 グランドシネマサンシャイン
  • 12階 バール パノーラマ(イタリアンバル)
  • 5階 クラッパーズダイナー(ワッフルカフェ)
  • 3階 プラサカプコン、カプコンカフェ
  • 2階 小肥羊(シャオフェイヤン:火鍋専門店)、EDW(ベーカリーカフェ)、ソルビン池袋(コリアンデザートカフェ)、タリーズコーヒー
  • 1階 オーサムストア アンド カフェ、バーガーキング、コンビニ
  • B1階 寿司・和食 築地日本海、焼肉ブラックホール、シュマッツ・ビア・ダイニング(レストラン)

キュープラザ池袋の顔ともいえるのが、4階から13階を占めるシネマコンプレックス「グランドシネマサンシャイン」です。

グランドシネマサンシャインは、12スクリーンを備え、全2,443席を有しています。

また、高さ18.9メートル、幅25.8メートルの巨大なスクリーンもあり、これほど大きいものは国内では最大級です。

高さ18.9メートルとは、建物の6階に相当する高さです。

一部のシアターには、グランドクラス・プレミアムクラス・スタンダードクラスの3つのグレードの座席が設定されています。また、最前列にフラットシートが設けられているシアターもあり、寝転びながら映画を鑑賞することもできます。

シアター内のインテリアもフロアごとにコンセプトが異なった作りになっており、訪れるたびに楽しめる工夫もされています。

5階と12階にはそれぞれオリジナルブランドのカフェとレストランが出店しているのも注目です。

映画館以外にも楽しめるテナントが入っています。

まず、最上階の14階には、バッティングセンターがあります。池袋駅からすぐ近くの場所でバッティングセンターがある施設は他にはなく、営業時間も10時から23時までと夜遅い時間まで営業しています。

3階のプラサカプコンは、カプコン直営店でしか手に入らない限定の景品や各種ゲームが用意されたアミューズメントスポットです。最新のVRも導入しています。

同じ3階のカプコンカフェは、テーマに沿った限定メニューやここでしか手に入らないグッズを展開するキャラクターカフェです。

コリアンデザートのかき氷で有名なソルビンも人気のスポットです。

キュープラザ池袋の場所

キュープラザ池袋は、池袋駅東口を出て徒歩で約4分の場所にあります。

東口から、ヤマダ電機LABIのわきの道を進み、サンシャイン通り沿いに位置しています。

東急ハンズやサンシャインシティにも近い場所です。

スポンサーリンク
01 レクタングル (大)
01 レクタングル (大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする