スポンサーリンク

セルフメディケーション税制とは?定義と対象商品を解説

スポンサーリンク
01 レクタングル (大)

セルフメディケーション税制とは?

医師と医薬品

セルフメディケーション税制とは、医療費控除の特例として追加されたもので、これまで税控除の対象外だった人にも控除の可能性が出てくることになった、お得な制度です。

年々増加する一方の国の医療費を削減するために、ちょっとした病気なら自分自身で手当てすることを促す狙いがあります。

日常的に薬局やドラッグストアなどで購入しているお薬の費用が対象になるため、納税額を減らすために活用したい制度です。

具体的には、医療用から市販薬に切り替えらえれた「スイッチOTC医薬品」と呼ばれる薬のなかで、特定の成分を含んだ医薬品の年間購入額が12,000円を超えた場合に適用されます。その超えた金額分(ただし上限は88,000円)が、総所得金額などから控除されます。

平成29年1月1日以降に購入した分から適用されます。

セルフメディケーションの定義

セルフメディケーションとは、WHO(世界保健機関)による定義で、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」と定義されています。

セルフメディケーションの推進により、国民ひとりひとりが自発的に健康管理を行うようになり、ひいては医療費の適正化にもつながることが期待されています。

スイッチOTC医薬品とは?

セルフメディケーション税制の対象となるのは、スイッチOTC医薬品と呼ばれる商品です。

スイッチOTC医薬品とは、これまで医師によって処方される医療用薬品として使用されていた薬について、薬局やドラックストアなどの店舗で販売できる一般医薬品(OTC医薬品)に転換されたものを指します。

OTCとは「Over the Counter(オーバー・ザ・カウンター)」の略で、薬局のカウンター越しで購入することが可能、という意味です。

具体的にどんな薬が対象商品?

薬箱

対象となるOTC医薬品は、厚生労働省のHPに掲載されています。

よく使うものとして、

ロキソニンS、バファリンEX、龍角散せき止め錠、アリナミンEXゴールド、バンテリンコーワ液EX、ナボリンS、アンメルシン1%ヨコヨコ、アンメルツ ゴールドEX、ボルタレンEXローション、イブA錠、エアーサロンパスDX、大正胃腸薬S、液体ムヒアルファEX 、エスタックイブ、ブテナロックVα液、オイラックスPZクリーム、メンソレータム メディクイック軟膏R、新セルベール整胃<細粒>、ベンザブロックL、フェイタスシップ、新コンタックかぜ総合

など、非常に多くの薬が対象になっています(約1,500品目)。

セルフメディケーション税制の対象とされる医薬品は、購入した際の領収書(レシート)に控除対象であることが記載されます。
また、医薬品のパッケージにセルフメディケーション税制の対象である旨を示す識別マークが掲載されているものもあります。

セルフメディケーション税制を使う場合は、領収書(レシート)が必要です。もし、領収書をなくしてしまった場合は、購入した薬局等でレシートの再発行をしてもらう必要があります。なくさないよう、一か所にまとめて保管しておきましょう。

利用できる人には要件がある

セルフメディケーション税制は、無条件で誰でも利用できるわけではありません。

利用するためには要件があります。

【要件】普段から健康管理をしている人

所得税や住民税を納めている人で、セルフメディケーション税制の適用を受けようとする年に、健康管理のための「一定の取組」を行っていることが要件です。

「一定の取組」とは、具体的には以下のようなものです。

  • 健康診断、人間ドック
  • インフルエンザの予防接種
  • メタボ検診、特定保健指導
  • がん検診

なお、これらの取組を行ったことを証明するための書類が必要になります。

具体的には、予防接種の領収書や予防接種済証、がん検診の領収書や結果通知書、職場で受けた定期健康診断の結果通知表などです。

医療費控除と併用はできない

「セルフメディケーション税制」は、従来からある「医療費控除」の特例という位置づけで、両者の併用は認められていません。

したがって、セルフメディケーション税制の適用を受けることを選択した納税者は従来の医療費控除を受けることはできませんし、従来の医療費控除を受けることを選択した納税者はセルフメディケーション税制の適用を受けることはできないことになります。

控除額を計算して、どちらかお得なほうを活用しましょう

セルフメディケーション税制の適用を受けるための手続き

セルフメディケーション税制の適用を受けるためには、確定申告が必要です
必要事項を記載した確定申告書を税務署に提出する必要があります。

国税庁のウェブサイトには確定申告書等作成コーナーがありますので、ここで金額などを入力していくと自動的に還付額を計算することができ、便利です。

提出にあたっては、①セルフメディケーション税制の明細書と、②一定の取組を行ったことを明らかにする書類の添付が必要です。

スポンサーリンク
01 レクタングル (大)
01 レクタングル (大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする